ニュートリノ、膨大な氷でとらえろ・南極に観測装置

 南極点近くの氷を深さ2500メートルまで掘り、周囲の膨大な氷を観測装置として利用、宇宙から飛来する高エネルギーの素粒子ニュートリノの発見を目指す8カ国共同プロジェクト「アイスキューブ」が、15日までに始まった。

 高エネルギーニュートリノをとらえれば、従来観測が困難だったはるか遠くの宇宙で起きている高エネルギー現象を探ることができ、宇宙の謎解明の手掛かりになる。

 日本から唯一参加している千葉大の吉田滋・助教授(宇宙線物理学)によると、ニュートリノが氷に衝突して生じる微弱な光を、4800個の検出器でとらえる計画。これまでに540個を設置し、観測を始めた。

 2009―10年にはスーパーカミオカンデ(岐阜県飛騨市)の約2万倍の規模となる約1立方キロの観測装置が完成する予定だが、現段階でも世界最大のニュートリノ検出装置という。 (13:17)